HOME>特集>物件を決める際の内覧への参加、入居前の状態のチェック

目次

古い物件のセキュリティは要チェック

男女

下町ということもあり、中野には古い物件も少なくありません。新たに入居者を獲得するために、室内をリノベーションする不動産会社も多いです。もし、古い物件を選ぶ場合、室内だけでなくセキュリティもよく調べておくことです。

内覧で細かい点を調べること

家と電卓

近頃はネットでも物件の内部まで閲覧できるようになり、便利になりました。しかしながら、注意したいのは、中野のような新旧の不動産物件が混在しているような街では、必ず内覧に出かけて細かいところまで調べることです。

入居時に現在の状況を画像に残しておく

住宅模型

中野の賃貸物件への入居を決めたら、古い物件の場合は特に入居時点での状況を細かく画像に記録しておくことです。一般的に、退去時には原状回復義務が課せられるため、傷がついてしまったところは終戦費用を請求されることになります。しかし、入居時点ですでにあった傷や破損に対しては責任を追う必要がありません。その点を明確化する上でも、入居時点での記録を取ることは重要なのです。

街を歩いて生活環境をチェック

集合住宅

都心に近く、下町特有ののんびりとした雰囲気が中野の魅力です。都内の別の地域からの転居する人も多く、いつも住みたい街上位にランクインをしている街です。さて、物件選びの際には室内だけでなく、街を歩いてみて生活環境を調べておくと良いです。

広告募集中